calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
           

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。
          

いくつになったの?

script*KT*
                  twitter            
TweetsWind
           

categories

archives

                    ホリスティックケア・カウンセラー         ホリスティックケア・カウンセラー            

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.10.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

六花を迎えたこと

何故、今になって六花を迎えたかを書いておく。
あれ・・・もう書いたかな・・・
いいや・・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


もう一頭迎えたいというのは、ずっと思っていた。
でもず〜〜〜っと花パパが首を縦に振らなかったし。
兄ちゃん、ネエネの受験期やらあったし
花が犬怖い病でとてもじゃない時もあったし。
そうこうしているうちに
花は、ずっと1頭飼いで行こうと思い始める。
花には、1頭のほうが合ってると思うし
花をきちんと見送ってから2頭目を迎えようか・・・なんて。。。
花が居なくなった後が寂しいから前もって迎えることは、したくないと思っていた。
でもそれって花が若かったからなんだよね。


10歳前は、ただただ病気になることが恐かった。
たくさんのお友達ワンを見送り
懸命に戦うお友達を見てきた。
10歳を過ぎ、ようやく花の老いを受け入れられた今は、腹が据わったのかもしれない。
この前の検診でも先生と話してきたけど
もう何が起きてもおかしくない年令にはいったんだよねって。
だから先生も丁寧に丁寧にリンパの触診をしてくれて
これからは、レントゲンも年一回で良いから撮っていこうってことになった。
万が一、何かが見つかったとしても
たぶん、ピーピー言わずに戦う覚悟は、できたつもり。

そんな気持ちになったころから
花が居なくなった後がちらつき始めて
絶対自分は、だめになるだろうなと・・・
こんなこと考えるのは、花に失礼かもなんだけど
必ずやってくること。
しっかりしておきたいと思うけど・・・たぶん無理。
仔犬探しなんで絶対にできなくなると思うし
落ち着いた頃の自分の年令が気になる。
私は、犬との暮らしには、定年があると思っているから
私の考える定年と犬の15年を考えると
ここ3年くらいが限界かな。
それに花の年令を考えてみるとここ1,2年がギリギリかなということになる。
幸い健康で居てくれるしね。
13歳、14歳になるとちとしんどいか・・・・
ずっと1頭でのんびりしてきた子だしね。

そんなこんなで昨年秋あたりからちょろちょろと動き始めたしだい。
六花のお里のことは、数年前から知っていて。。。
お友達がそこの子を向かえたことで知り、
1度お邪魔したこともあるし、
何頭かここ出身のゴルちゃんに会ううちにここの子が迎えられたらと思うようになっていた。
それまでもいろいろと見てはいたんだけど
なんつーか・・・
だんだんと私が好きなイメージのゴールデンが減っていくようで
あ!この子好き!って思う子は、たいがい花と同年代かそれ以上で
ゴールデンは、ゴールデンなんだろうけど
なんつーか・・・ヾ(;´▽`A``アセアセ
一時は、もうゴルは、諦めようと思ったときもあったのね。
でも六花のお里に出会ったことでここなら〜って^^
それからは、妙に余裕な日々でした。

4/18

そして今回私の年令やら花の年令のことを考え動き始めたのだけど
ちっと手間取るなと思っていた花パパも意外と簡単に落とせ_・)ぷっ
とんとんと話が進んだのは、やっぱり時期だったのだろうな
と一人で( ̄  ̄) (_ _)うんうんと納得している私_・)ぷっ




4/18

2頭目については、いろんなことを考えてきた。
レスキューのことも考えたこともあったけど
心に傷を負った子をしっかりと受け止めてあげる度量が私には、ない。
2頭目の子は、私が飼う最後の子と考えていたので
自分が理想と思える迎え方に近い子にしたいと思った。

長いことゴールデンしか繁殖してなくて
年間に100頭200頭なんてたくさんの仔犬を出していなくて・・・
遺伝性疾患についてもきちんとされていて
顔が○○○○○ごんぞーじゃなくてヾ(--;)ぉぃぉぃ

あれやこれやいろいろ考えた結果の六花との出会い。
花は、初めての犬で
六花は、最後の犬になります。

もちろん六花とのお別れもいつか必ずやってくるのだけれど
その頃には、私もきれいに犬との暮らしにお別れできると思う。


4/18

こんなとりとめがなく、わけのわからないことをずっと考えていたのでした。
へんてこりんなヤツです。

4/18


もちろん良い子を譲り受けたとしても
私がつぶしてしまっては、ダメなわけで。。。
良い子に育つようにがんばるのさぁ〜。。。



改めまして

ご縁の糸を渡してくれたお友達に

六花を譲ってくださったお里のママさんに

感謝感謝です。

ありがとうございました。


それから花パパもありがとね。

でもって花もがんばってくれてありがとね。


長々訳のわからない文章で失礼。

機が熟し

 今なら
今だから
今じゃないと
いろんな「今」が重なって本日パピーを迎えました。

ブログでは、突然ですが
昨年秋から始まっていました。
早くても今年の秋くらいかな?と思っていたのですが
トントンと話が進みまして^^
やっぱし時期だったのだろうなと一人うなづいております。

一度に書こうとするととっちらかってわからなくなるので追々思いついたことを書いていこうと思います。
迎えるまでのことは、ちょろちょろと書いておきました
パピーとご対面
仔犬の居場所
2日前
と・・・・あれこれ準備していたつもりなのに
いざ迎えたら空回り中_・)ぷっ
あたふたしています。。。

4日の日に会った時よりぐんと大きくなっていて
やっぱりパピーの20日間の成長ってすごいんですね。
女の子2頭。。。
どちらもそっくりなんです。
カラーゴムの目印も無くなっていたのでどちらがどちらかわからない_・)ぷっ
双子のリリーズ〜〜〜って歌いたくなっちゃいましたよ。
お里のママさんに決めていただきました。
いろいろお話をして
最後に爪と足回り、おひげをカットしてもらって^^
ちょこんと抱っこされておりこうさんでした。
なんだかつれて帰るのが忍びなく・・・でも欲しいし_・)ぷっ
なんだか略奪気分で車に乗りました。
準備しておいたメッシュケージは、折りたたんだまま〜(*≧m≦*)ププッ
ネエネが抱っこで帰ってきました。
お家の中では、元気さんで抱っこで帰れるかなーと思ったんですが
後半は、グーグー寝ていました。
吐くこともお粗相もなく良い子でした。

これは、楽勝???と思いきや・・・
家に着くなり元気っ子で(;^_^A アセアセ・・・
花を追いかけまわすんで
ひとまずケージに入れて落ち着かせようとしましたらヒュンヒュン丸になっております。
吠えるんでなく遠吠え・・・(~_~;)
時間が経つにつれヒュンヒュンの度合いがおさまってきていますが・・・
ちょっと我慢してもらっています。
3/23

花はねぇ〜〜〜
見えない・・・ってか見たくないの_・)ぷっ
頑張れ花。
3/23


お水も上手に飲んで
3/23

家に来て数時間で少し寝られるようになってきました。
3/23
今は、お家に慣れる事が一番なので
今日は、ここまでってことで。。。。

取り急ぎのご報告でした。

こんな調子でこちらは、書く事が多くなりそうなので花のご飯日記は、別にいたします。
はなまんま


あ・・・名前書き忘れてた(;^_^A アセアセ・・・

六花といいます。

「ろっか」と読みます。
1月18日生まれの女の子です。
雪の結晶が六辺のことから「雪」を六辺の花にたとえて表す言葉だとか。。。
ずっと前から決めていた名前です。
雪の結晶のようにきれいなおねいさんになる日は、いつかな〜〜〜
当面は、六花亭のモカホワイト_・)ぷっ
sweetsweetです。。。
ってか・・・・
Hard Rockerかも・・・・ヾ(;´▽`A``アセアセ

2日前

 早いもので
パピーのお迎えが明後日になった。
居場所の整備は、どうにか・・・。
昨日のお休みに大き目のホームセンターに行ってきた。
なにか必要なものが目に付くかな・・・と。

目に付いたのは
メッシュケージと
3/21

マット
3/21
ついでのロープのおもちゃ_・)ぷっ
噛んで良いよって初めて教えるのに適してるかな〜って。
カミカミしてもそうそうバラバラにならないしね。。。
花、久しぶりにみたロープにしばしはまってました_・)ぷっ

メッシュケージは、安いのめっけ!
念のためお迎えの時に車に積んでいく予定。
花のは、支柱を組んでってちょいと面倒なメッシュケージなんだけど
これは、クリッ!ってひねるのペッちゃんこになる。
花は、破壊行動ないけど、
まだパピーなんでね・・・どういう行動に出るかわかんないんで妥当なお値段のもの見つかってよかった。
これなら万が一壊してもいいかな・・・って
壊れないのが一番ですが。

って余計な物ばっか買ってますねぇ(*≧m≦*)ププッ

まだあるよゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
ファーストカラー♪
3/21
花とテープが色違いのもの♪

ついでに大きくなった用も作ったのさ(爆爆)
3/21

花が使っていたファーストカラーも残ってるんだよ。
3/21

まだあるのゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
3/21
ネームタグ(爆)
活字になって六花って硬い字だな・・・って思った。
字的に可愛くないよね。
でも音は、可愛いし♪いいか!
二つともアルミ製でちっさいの。
花も同じの使ってますが
軽いので邪魔にならず危なくないかなと思うのと。。。
なんかアルミのチープな感触が好きなのと。。。
シルバーの方は、打ち出しの風合いがなんか好きなんです。

お友達からのウェルカム♪な頂き物も♪
フードボウル
ファイアーキング♪
可愛い柄♪
私は、探すの下手で出会えない。。。
もう割らないように大事に使います〜(^^ゞ
ありがとう♪

こんなことばっかやってたら
パピーが来るまであと2日。。。

仔犬の居場所

パピーに会って実感がわく。
さて、仔犬の居場所を作らなければ。
パピーが来る前に居場所を設置して花に慣れてもらっておこう。
買っておいたケージを組み立てる。
でかい・・・
花のサークルの横に置くと戸棚のドアを半分ふさいじゃうし
花パパに文句言われそ〜〜〜
ってことで花のサークルを半分にしてみた。
え?と思われるかもしれませんですが・・・
ピンクの小型犬用のサークルが花のハウスです(~_~;)
花は、お里のおかーさんが車で届けてくれたんですが
そのときに「これじゃ〜すぐに使えなくなるわよ」と一笑されましたが・・・
10年使っております(;^_^A アセアセ・・・
ほんと物知らずでねぇ・・・
当時は、ネットもやってませんでしたから犬の物を揃えるのもホームセンターで。。。
で、田舎のホームセンターには、外用の犬小屋は、無駄なくらいに大きさ揃ってるのに
こんなケージは、1つも置いてありませんでした。
で・・・仔犬でしたからこれにして・・・
もう1面つなげて1畳くらいの長さで使っていました。
花は、脱走しなかったんですね。
いや一度だけ大きくなりかけた頃に上からでようとよじ登ってそのまま転倒しまして・・・
それが天罰になったのかそれ以来の脱走なしでした。
ドアの鍵の掛け忘れで出ちゃったことは、あったけどね(^^ゞ
 3/4
何度と無く新しいのを買ってあげようかと思ったんですが
メッシュケージで試しても入らず・・・
すっかりハウスと認識してますし、マットもあるのでまあ・・・このままでいいか〜で
ずるずると10年。
新しいケージと比べると・・・なんか可哀想。。。
花が新しいケージで平気なようなら同じのを買おうと思ったんだけど
ハウスと促せば入るけど
自分から入らないし・・・
ドア開けっ放しで様子見てても知らん顔。
寝るときは、自分のハウスに入っていく。
ここんとこ昼間は、マットやら好きなところで寝ているんで使わないっちゃー使わない。
でも撤去しちゃうのは、花の居場所を無くす様で半分にしてこのまま置いておこう。
しかし・・・なんか差別してるみたいだなぁ・・・
かといって私も仕事があるし、半日のお留守番中のパピーは、ここに入っていてもらわないと。。。
脱走できないような頑丈なドアのものをチョイスしましたのさ。。。


3/4
これでワンスペースは、決まりか〜と思っていましたが
1日お出かけして帰ってきた13日の日・・・
花のハウスがもとの長さに拡張されてました。

花パパがやったんだけど。
狭いからだって。
優しいじゃん。
やっぱ差別感感じる?(*≧m≦*)ププッ
でも広さ的には、同じなんだよね。
3/14
そんなわけで開かずの扉出現。
仔犬の居場所決まり。

後は、ちょこちょことリビングの片付け。
なんせ・・・興味津々のかたまりがやって来るんだもんね。
仔犬の目線になって下にあるものは、全部仕舞いこむ。
戸棚の中のごちゃごちゃもこの際整理してだいぶ捨てた。
良い機会。
ほこりにまみれたせいか・・・・
数日花粉症のような症状が(~_~;)
どんだけホコリがあったんだ・・・反省。

花の目線においてあった水槽も
パピーが泳ぐと困るので玄関に移動_・)ぷっ
残りは、コード類なんだけど・・・これは、片付けるわけにかないよね・・・
防御策考えないと。
事故・誤飲は、避けたい。
花の時は・・・・
先代インコの「グリーンボレー」という貝殻ベースのものを召し上がり緑色のうんPをし・・・
ビーチサンダルを半分お召し上がりになり数日後に上から下から(-""-;)ムム・・・
庭で培養土を食され・・・これは、あせった・・・
自分でありえないくらいに水を飲み、ゲーゲー水を吐き、Pになった。
お医者に駆け込んだら、「水を飲んで自分で全部出したようだからもう大丈夫でしょう」といわれた。
そのとおりで事なきを得ず・・・
まさか土を食べるなんて思わなかった・・・
って・・・いろいろやってるじゃん(-""-;)ムム・・・
そう、「まさか」をやってのけるんだ。。。

花のパピー時代を思い出すと・・・
今でこそ静かな花だけど
当時は、ゴールデントルネードの異名を持っていたんだった。
しつけ本の山を抱えて上手くいかずに泣いたっけ。
今度のパピーは、何をやってくれるんだろう。
私も少しは、犬飼いとしてステップアップしてると思う。
しかし・・・当面は、てんやわんやだな。。。

こうやってあれこれ考える時間があることがありがたい。
パピーがくるまであと10日。

パピーとご対面

 お迎えの日が近づいてきたので記録まで・・・

問い合わせののお電話を入れたのが秋のこと。。。
12月の中旬に妊娠しましたよのお知らせを頂く。
予定日は、1月の14日。
まだ何頭生まれるか、女の子が生まれるかわからないけど
ちょっと難関を突破しておかないと・・・
難関=花パパ
来年あたりにお迎えになるかななんて思っていたので先に予約だけいれたのさ。。。
まさしくとんとん拍子で話がすすんだので話さないと~(-゛-;)~
最初は、面と向ってでなく出張中にメールを入れるという卑怯な手を使った_・)ぷっ
どーにか許可おりる。
なんせ・・・犬好きじゃないんでねぇ(ノ_-;)ハア…
でも許可が下りたらこっちのもんさぁ〜〜〜
といっても生まれるまでは、なんの準備もできないのでただ待つのみ。。。

年が明けて予定日より4日遅れで1月18日び生まれたパピーたち。
女の子は、2頭きり。。。
そのうちの1頭を我が家に譲っていただけることになった♪



3月4日にパピーたちを見学に伺う。
この時点では、まだどちらが我が家にくるか決まっていませんでした。
アカちゃんとピンクちゃん、どっちかな。
3/4

3/4

6頭兄弟。。。
サークルの中でもしゃもしゃ〜と動き回ってじゃれあって^^
かわいいこと。
みんな連れて帰りたい。

3/4

乗り気でない花パパ。
見学も行かないと言っていたのに前夜になって行くと言い出す(ー'`ー;)ムムッ
素直じゃない。
ちゃんとパピーを抱っこして
ホスト役のストライカーぼっちゃんに手厚い歓迎を受けてたよ_・)ぷっ

花の時を思い出す。
そいえば花の時も花パパも行ったんだっけ。
あの時は、なんも犬のこと知らなかったんだよね。
子育ては、親育てって言うけれど
子犬育ては、飼い主育てだね。
花を育てながら犬に関することを花からいろいろ教わった。
それを思い出しながらやっていこう。

お迎えの日を23日と決めた。

| 1/1PAGES |