calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
           

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。
          

いくつになったの?

script*KT*
                  twitter            
TweetsWind
           

categories

archives

                    ホリスティックケア・カウンセラー         ホリスティックケア・カウンセラー            

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.10.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

軽井沢へ 2日目

2日目は雨になる予報だったけど
起きたら晴れてる。
よかった。
ちょこっとお散歩いってこよう。

ラウンジから出られるテラス。
下がドッグラン。
下におりて左に行けばお部屋の専用庭に入れます。


広いテラスにはテーブル席もあってテラスでランチも食べられるみたい。
私たちは、ラウンジにエスプレッソマシーンを置いてくれてあるのでコーヒーいただきました^^
好きな時に飲めるっていいねー。


お散歩出発。
玄関出るとどーんと浅間山。

静かな住宅地と林のまじる散歩コースでした。

朝ごはん。
バスルームに上がる段差が食事台に丁度よし(笑)
朝晩手作り持参いたしました。
花様のために(笑)


人間ご飯。
カーロはどこでも朝は和食。
これって嬉しいよー。
こんにゃくがあったり、このあたりは群馬風なのかな。美味しかったです。


で、寝て待つのやめたはずの方・・・寝てる。
パンがないせいか・・・(笑)
ババは気まぐれ。


後ろ髪引かれながらチェックアウト。
うーん遠い分2泊できたらよかったな。
また来たいな。
チェックアウトの頃から雨降り出すー。

まぁ、初日に歩けたし
花もお疲れだろうし
六花の足もお休み必要だろうし
ダラダラと寄り道しながら帰ります。


さぁ・・・
どこ寄ろう・・・
世界遺産の富岡製糸場?
犬はいれないし・・・
見てもわかんないし・・・おいおい


思いついたのがここ

オットは山にはまってるし
信仰のお山で神社があるっていうのでよってみることに。
道の駅みょうぎからすぐの場所に神社あります。

近くに桜の里があるらしく
ここでも桜がお出迎え。



犬連れて入れるかとか考える神社じゃない・・

ものすご==================い石段。
仁王門が見えてきた。


仁王像みるの久しぶりな気がするなー。

さぁお参り!

お参り・・・・まだでした。

階段階段
ずーっと階段。
ものすごく古い神社らしく石段が歪んでおります。
階段だけ見て上がると平衡感覚無くなるー。

上がりきったところから・・・
下りるのも怖かった(^_^;)

それはそれは立派なお社でした。
この裏に天狗さんを祀ったお社もあったのだけど
なんか写真とってはいけない気がしてとりませんでしたよ。
しっかりお参りしました。


お参りのはずだったんだけど・・・
神社のよこに妙義山登山道入り口(^_^;)

第一見晴らし台という文字があったので
そこまで行ってみることに。


そしてすぐに後悔・・・


戻りたいけど戻るにも怖い道・・・
クマ注意とかあるし・・・


ひえ〜〜〜な道を頑張って登って
思ったより遠かった第一見晴らし台へ

オットのいる場所が見晴らし台。
あの独特のギザギザ同じくらいの高さに見えて感動。
これはオットが先端から撮ったもの。
なぜオットの画像?って・・・






こんなとこ行けないし(-_-;)
これ見晴らし台じゃなくて崖だし



途中こんな道なのに下から団体さんが登ってきて泣きそうになる。


こんだけ頑張ったんだから
きっとご利益あるぞ。


彫刻が見事でした。



しだれ桜の名所のようで
残念ながらほとんど散っていましたが
この一本だけさいてました。
きれいだったな。
花六花には車で待たせちゃったけど寄ってよかった。
パワースポットらしいし^^
花にもパワーもらえたよ。
また来たい場所です。




この後はダラダラとSAで休憩取りながら
最後に足柄SAのランで少し遊んで帰ってきました。

花に何事もなく元気に初めての場所を楽しんでくれ
六花もずっとお利口だったご褒美にもなって
おかーさんにもご褒美で
オットもちょっとだけ山遊びできて
良い旅行になりました。


そしておかーさんは思うのであった・・・・



まだまだ行けるじゃん^^

 

軽井沢へ

溜まりに溜まった旅行後記を書かないと今に進めないので
さくさくっと書きます。

花のしっぽ、六花の足と長い通院にようやくめどが立ち
六花の傷ももう大丈夫になった頃
1泊で軽井沢に行ってきました。

長い長い通院となかなかめどが立たない六花の足で
ちょっとしぼんでた私。
カーナビで仮想旅行なんかやっちゃって(~_~;)
そのうちに予約だけでもやっちゃうかな気分になり
最初はもう一人でさらっと行こうかなと思いオットに話したら
たぶん花の最後の旅行になるだろから付き合うと言ってくれ
だったら遠めなところでもいいんじゃないかということで
お宿検索。
シニア連れの旅行なんて予約の時点で博打みたいなもんですから(笑)
毎度のごとく
キャンセル料発生覚悟
旅行中の不測の事態も覚悟がお約束。

出来るだけバリアフリー
すぐに外に出られること等の条件に近いお宿探しして

4月16日に出発。
途中の足柄SAでそれぞれの朝ごはん。


あ、凪っこも参加しました。


ヒトごはん(笑)


湘南とつながった圏央道にを通っての長いドライブでした。
でも便利になりましたねー。

群馬に入って初めて見る景色の中で
この山に魅了されることになります。
きれいな山並みの中
この山だけギザギザ。

妙義山というお山でした

じゃなくて有名な山でした(~_~;)


目的地はあくまでも軽井沢なんでこの日はスルー。


で、お昼横川SA・・・
昼もSAか・・・
軽井沢遠い

でもね、花地方では終った桜が満開でした。


河津桜、ソメイヨシノと二つの桜の季節があって
通院のドライブコースにはあちこちに桜があったから見たはずなんだけど
きっと顔も気持ちも下を向いてたんだと思う。

明るい気持ちで桜を見ることが出来てご褒美もらったみたいでした。

お昼はこれ〜
あったかい出来立ての釜めしって初めてだ。
美味しかったー^^


ちょっと休憩して
ようやく軽井沢につきました。
さて・・・どこいく?
土地勘まったくなし
花も連れまわすのも可哀想だし
宿に近い場所で
ハルニレテラスに行ってみました。
素敵な川沿いの散歩道もあって
パンやらお菓子も買って行ってよかった。
さすが星野リゾートだわ(~_~;)






さて・・・
まだチェックインには早い。

で、行けそうな場所・・・
鬼押し出し(~_~;)

前に男気じゃんけんでやってたし(笑)

初めてみる浅間山。
このころはまだおとなしかったんだよね。



そして鬼押し出し


さ・っ・ぷ・う・け・い



すごい噴火だったんだなぁ・・・
途中にある休憩用に椅子がある場所は、避難シェルターの形をしていて
御嶽山を思い出してしまった。
こんなのがあちこちにあったらね・・・。


花には厳しいかもと途中で戻るにも進むにもちと困ったくらいの距離を
花ってば意気揚揚と歩ききりました。


途中にあったお寺でお参りして
犬用のお守り買って



よーくがんばった。


そうそうそういえば4月というのに
旅行の数日前にはあちこちで雪が降り
念のためチェーン積んだんだった。
駐車場にはまだ雪が残っていました。
花六花を撫でにきてくれた園の方に聞いたらここも真っ白になったそう。
ちょこっと雪触れてよかったね^^



さて、

本日のお宿は

軽井沢ジャルディーノさんです。

ここに一部屋だけ1階で専用庭つきのお部屋がありました。

デラックスルーム。
人気のお部屋らしくあれよあれよという間に予約が埋まっていくので
これくらいだったら六花の足も治ってるだろうとぽちっとなしたのでした。
レストランまではフラットに行けるけど
フロントのところに2段の階段と
庭にでる20センチぐらいの段差が花が越えられないので抱っこしました。
窓の幅が狭くてちょっと苦労(~_~;)
でもそれ以外は快適。

ここは温泉ではないけれど大浴場が二つあって一つは露天風呂付き
でもって貸切で入れるのと泊まった部屋の横にあったのでラッキー。
お部屋にはTV付きのお風呂があったんだけど使いませんでした。

そうそう
犬連れ宿って鳥も大丈夫そうと思いきやダメなとこ多いみたい
箱根で一回断られたことあり(~_~;)
カーロはOKでした。
チェックインの時、スタッフの方が恭しくキャリーを持って良い場所にそっと置いてくださいました。
レストランにもどーぞと言っていただきましたが
あそこでぴゃーぴゃー歌ったりしゃべったりされると恥ずかしいので辞退しました(笑)
iPhoneImage.png


そしてこの日の困ったチャン

ご飯中に寝て待つのやーめた!にしたらしい(-_-;)
ご飯の間ずーっとこれ。
もうババだから好きにしていいよにしてるからもあるんだけどさ・・・やってくれるよね。

逆に六花は、ずーとこの調子。
いいこちゃんでした。


さてご飯
メニュー

4月なので春のメニューです

チェックイン時にメニューを見ながら食べられないものがないか確認してくれました。


スープは飲んじゃった。
 
iPhoneImage.pngiPhoneImage.pngiPhoneImage.pngiPhoneImage.pngiPhoneImage.png
美味しくいただきました^^



さてさてよく歩いたので
良く寝ます。


二日目に続く。

梅干しやってます

今年の梅干し漬けメモ

5月23日
小梅


今年は2キロ注文して
届いて計ったら2.23キロ。





塩分13%で290グラム
重石5.5キロ


5月27日
重石を半分にしたけど水の上がりが悪くて3キロにする。





6月8日
重石2キロ


6月10日
赤紫蘇入れ


逆さにして水分きる。


赤紫蘇240グラム
塩45グラム




アク抜きの塩もみ2回


漬け物袋が破けて梅酢が漏れるというアクシデントありましたが
カビもなく大丈夫そう。


投入。
よし。



6月28日
ちょっと覗く
カビなしよーし
色よーし



6月28日
南高梅
毎年お世話になってる和歌山熊野の農園さんの完熟南高梅3キロ


計ったら3.2キロ
塩分15%で476グラム






重石は軽めに5キロ


6月30日
梅酢が上がったので重石を半分にする



7月8日
赤紫蘇入れ
赤紫蘇300グラム
塩54グラム


キレイに漬かってる(*^^*)


これで土用干しまで待つだけ。


重石は1キロ。



白梅酢を少し取り分け


赤紫蘇が余ったので初めて赤紫蘇ジュース作りました。

赤紫蘇390グラム
水1.8リットル
砂糖700グラム
クエン酸20グラム




どこから書けばいいのやら・・・

記録しておかなければと思いつつ

思うだけで

まーサボるサボる。

何から書けばいいんだろう。



とりあえず花も六花も元気です。

六花の足もすっかり治っていつも通りに走り回っています。



















2ヵ月よく我慢したと思います。



花も元気です。

今、ちょっと膀胱炎の症状があり

足もちょっと弱ったかな・・・なところもありますが

食欲もありお散歩も行きます。














花の記録書いていかなければ・・・


人相の良い腫瘍と人相の悪い腫瘍


家庭看護生活が続いております。
六花の傷
皮は頑張っています。
まだグロテスクですが乾いてここまでになりました。
乾くと同時に皮も頑張りはじめましてね。
生々しいところが小さくなりました。

3月25日


この毛のない部分が全部お肉状態でした。
縫合と言っても普通見る皮と皮で閉じるのでなく
肉と肉をくっつける状態でした。
よくここまでと思います。

3月26日





花のお腹
検診で見つかった花のお腹の脂肪腫の噴火。
今まで噴火しちゃったのもは、全部治らず結局手術になっちゃったから
気が気じゃありません。
このまま噴火続いたままいくのかなと思ってました。




凪のお見舞い(笑)
六花は、我慢強いです。
凪につつかれても引っ張られてもじーっと我慢します。
なので凪は、やりたい放題。
たまに仕返しもします。




3月28日
日に日に傷が乾いてきます。



3月29日
術後二回目の海。
散歩は花に任せます。
普段は、短いお散歩ですが
たまに海に向かいます。
良く歩きます。




そうそう3月の23日で15歳と6ヵ月を迎えました。
皮膚のトラブルが多いですが
心配した膵臓も悪さしないようで
上等なハイシニアってとこでしょうか。
頑張ったのでこれからは静かな時間を過ごさせてあげたいです。


六花もよく頑張ってます。
思い切り走りたいだろうね。
でも問題行動起こすわけでなく
これがふつうなのよって感じでニコニコしてくれてるのでありがたい。

ありがたいといいつつオイタ。
お散歩行けなくて一番つまらないのはかーさんかも。

可哀想にね・・・(笑)


1日病院

六花の傷は順調。
レーザーを当ててもらう。
花の傷は微妙。
中で炎症起こしているかも・・・
で消炎剤のバキソを飲むことに。
バキソはこれまでの腫瘍でも飲んでいたけど効果あるのかなぁな感じだったので
イマイチ??だけどとりあえず飲ませる。
塗り薬はゲンタシンと粉状の薬。


もう少しだね。
目の届くときは、カラー外してあげようって取ったとたんに
私の顔みながらぺろーん。
まだまだ目が離せない(~_~;)


今年は、お花見散歩行けないな。
散歩コースの桜の山を見て紛らわす。



脂肪腫周りの毛を刈るのに今更ながらバリカンを買いました。
ついでにおまた周りのを剃って
オマケのおまけでお腹やおしり回りの毛をカットしちゃいました。
長いのにこだわってたのは私だけ。
カットしたことでトイレも汚れなくなり
シニアカットは、やっぱり必要だね。


花の脂肪腫に変化が
火口が小さくなって赤みも取れてきました。
これはこのままふさがりそうな気配。
腫瘍には顔つきの良い悪いがあるそうで
こんなことを言うのだろうかと感じているところです。

手術した腫瘍は良性であるものの性質が悪く
1ヵ月以上洗浄と服薬(バキソと抗生物質)を飲んでも一向に収まらず手術になったのですが
この脂肪腫の噴火を見て
治る物っていうのは、こんなに早く効果が見えるものなのだと思ったしだい。
ほんとに火山の火口のような形に真ん中がくぼんでいるのだけど
昨日あたりからそのくぼみも盛り上がってきてふさがってくれるかなという希望がでてきた。

でもあんまり喜ぶとドカンと落とされそうなのでまだもろ手を挙げるまでいかないけど・・・



そんな中
可愛い靴下をいただきました^^
カエルちゃん。
ちゃんと犬用でございまして。
やっぱりタルミないねー。
ありがとうございます^^
使わせていただきます。



そんなこんなの少し上向きになってきた花家です。


 

頑張れ皮

3月23日に書きました
 

花六花の手術から1ヶ月がたちます。
花は漿液が溜まって抜くというヒヤヒヤしたこともありましたが
その後は順調に傷も癒え



3月4日
通院
まだガーゼ外せず
傷を治りやすくする透明なフィルムを貼ることにする。
抗生物質はまだ飲む。



お家トイレにしておいて良かった。
カラーをしているとどうもし難いらしいので
トイレの気配があったら外してあげる。
チッチしなさい、ウンウンしなさいですんなりする。
良い子。


傷回復にコラーゲン(笑)
マグロのアラを煮て作った煮凝りがオヤツ。


大好きだよね。



凪のお見舞い(~_~;)
カラーに驚いて逃げ回るかと思いきや全然平気。



めったにしない日向ぼっこ。
お散歩行けなくなって1か月。
ほんとよく我慢してるよ。


3月11日
透明フィルムの効果があったのかなかなか盛り上がってこなかった組織ができてきた。
この日からレーザー処置をする。





カラーのストレスは意外となさそう。
お散歩できないけど
病院までのドライブと待ち時間やらが散歩代わり。

3月18日
包帯交換のついでにフィラリア検査と健康診断。



21日
花六花とも病院。
六花は、レーザー処置。
ガーゼにつく浸出液の量もだいぶ減ったので
今日からガーゼを外してかさぶた作ってみようとなる。
なかなか皮膚が上がってこない。
最悪皮膚移植とかできてる皮膚で縫い合わせるなんて話もでる。
がんばれ・・・皮。
六花、こんなにお利口してるのに
どうか再手術なしですみますように。

花は、フィラリア検査と健康診断。
お腹に出来てる大きな脂肪腫になにやらできている。
思わず先生とやーめーてーーーーーーー
とりあえず塗り薬だしてもらって様子見。


包帯の代わりに靴下でいいよになったので量産。

1ヵ月ぶりのお散歩。
短いけどうれしいね。
散歩の時と寝るときはガーゼ当てて保護しておいてと言われたけど
室内にいる分には出血もないのでそのまま放置。
散歩はやっぱり少し血が滲んじゃう。
様子見ながらお散歩したり休んだりしよう。


 

昔昔のお話です

昔話を書こうと思うと現実の世界でバタバタと事がおきまして
なかなか書けない。
やっつけ仕事でいかないと。
昨年の10月にさかのぼります。

オットが旅行券をもらいまして
それの消費に旅行会社で手配したお宿です。
私と娘なので行先が決まっており
箱根か富士五湖周辺(~_~;)
花もね、軽で長距離苦しいしね・・・ってことで
昨年の10月16〜17日に行ったフジプレミアムリゾートのお話。

丁度富士山の初冠雪が発表された日でした。。



お泊りしたのは初めてのお宿。
旅行会社を通しての予約だったのでどんな宿か不安(~_~;)
犬専用宿じゃないのでどこまで対応してくれているのかしら・・・。

なんて心配が吹っ飛ぶお部屋と対応でしたのよ。


バブリーな匂いが漂うリゾート施設で敷地広い!
その中の1棟のホテルの1階が犬連れのお部屋。
で、犬の出入りは部屋の窓から(笑)
そしてフロントは別棟(笑)
でもって駐車場はぐるっと回って裏の空き地の好きなとこに停めていいよ(笑)
なので
フロントでチェックインして
先に車から荷物下ろして(玄関に大きなカートを置いてあって助かる・・・てか無かったら泣く)部屋に入れ
車を置きに行き
花六花を連れてきて裏から回って入る。
ここまでで疲れた(笑)
部屋に入ってから気づいたのだけど
エルフォ同様に部屋のドアと窓側のドアの鍵は同じで
娘の先に部屋で待っててもらって窓開けてもらう必要なかったわけだが・・・
チェックイン時に説明なかったやん。
ここでイラっとするも部屋の設備でイラも吹き飛ぶ。
↑が犬出入りの窓。
テラスついてるけどテラス付きは2部屋だけで
指定してなかったのだけどこの部屋になってラッキーでした。
お湯の出る足洗い場付き。

ありがたかったのが
01f6f0c1eb19d033a29b989f749f20dfdeeb781213.jpg
これです。
段差にスロープ付いてて花が躓くこともなくテラス出入り。
010fdae2babcd2b552f40691a1eb3040425ea58eab.jpg
バリケン持参とありましたが大きなの一個置いてありました。

01db0c11bcda6cb364554d419fee101b07cdef37e1.jpg

足ふきタオルたトイレシーツの他にオヤツまで^^

で、犬連れ専用でないにも関わらず
01233a7cb6efbb5fa650350c583da07c32b16d9b5e.jpg
2頭分のトレイとお水入れ(ステンレスのは持参したもの)
でねーでねー
スイートでもないんですよー
今までにない設備

012504af4821f82d134fb00e8df0265680ece48979.jpg
ドッグベッド!
白いシーツかけてありましてね・・・
ほら・・・庶民ですから・・・
つい持参のマット敷きました(笑)でもってこの写真撮ってすぐに六花降りましたー。
庶民の犬は庶民なんで
01f5f7792352414febd54d26674137c1b14928d790.jpg
床が落ち着くんですよ(~_~;)

人間設備も
なぜか2ベッドルーム2バスルーム。
ほんとバブリー。
ほら♪
お風呂場なんて
01195eb5136b93b7a73c8f4e2f3c9d21a3b25bcd9d.jpg
窓付き♪(なぜ?)

ドッグランがあって30分貸切できるというので行ってみた。
古くなったテニスコートでした(~_~;)
01c9080e879643ffa12a134f661112081ef2dbac1b.jpg

01dfdf235b5443f6f4f9b75ddea3f082bcf81260f5.jpg

014d2d4a7296d50adb3c98c0c0024ae252f353e236.jpg









アジも置いてあってこれはこれで良し。
でもってお部屋からここまでも歩く(笑)

犬連れ専用でないので食事は犬連れていけません。
そしてフロントのある別棟にレストランがあり・・・また歩く(~_~;)
ご飯は、ビュッフェでした。
0135cfdfb4ed6047595af802572ba245caedc046a0.jpg
ローストビーフはシェフが切り分けてくれました。
01fbc7e729833ff226902a4567465a0164443bbf02.jpg
小さめのデザートも^^

お腹いっぱいになりました。

花六花のご飯は朝晩とも持参しました。
レンジも置いてあって
至れり尽くせりのお部屋です。

夜がエゾシカで朝が鮭だったかな(~_~;)
花が旅行行くとフードいらん!になっちゃうので手作り持参が定着しました。

018b6fc14c260057bade7e48f7f5299e4e8b2aaa7e.jpg

017e5f7d2daa3c29b9dcaa9695825eba400c0c9a59.jpg

いただきまーす
012ce4d9b75b335664d26211a2c803ad2dbc8070e3.jpg

ご飯も食べてお風呂。
別料金だけどスパがあるというので行こうと思ってたんだけど
歩くなんてもんじゃないほど遠そうなのでやめた(笑)

01f31a77ac727fc93c2a8f392d2a924ea597809794.jpg

01fe42a3b8f2b2cda58f8d96ebc9c07dd83725f640.jpg
テラス付きのお部屋でよかった。
ここから外は犬OKゾーンの芝生でそこからお散歩に出られて
ヘタなイヌ連れ宿よりずっと便利。
ことすぐに外に出られることと段差を極力避けたい花家にとっては大変ありがたい宿。
晴れてたから♪(笑)
これ・・・雨だったら違ってたかも・・・。

ちょこちょことお外へ出たし
花もよく歩いたせいか

IMG_6566.JPG



床と一体化するくらいぺちゃんこになってねていました。


01f74a720425cff6d80ea9793a8bd9639a435c516f.jpg
朝の散歩は敷地内をぐるりと。
広い敷地の中良い散歩コース。

それから朝ごはん。
017708fed1088ae7850188c8f6dd8e1de67ec678be.jpg
朝もビュッフェ
でもって夜は見えなかったけど
01724a42e366bf11923fc8ce4484ec9b4546bafd6f.jpg
ドーンと富士山。

朝もランで遊ばせてもらって
0144a73c530637ca166e4de9dbfcccc943536ff372.jpg

毎度の朝霧コースで帰ってきました。
01469540c92af1a907e5c629ed04957ed58597a708.jpg

良い旅行でした。
IMG_6593.JPG

続きます

六花の傷は体重がかかる場所ということもありなかなかくっつきません。
1日おきの通院が続いています。
その間に花の手術がありました。

また?です。
15歳で?です。

尻尾の腫瘍はとうとうおとなしくなってくれませんでした。

やむなく手術です。

幸い健康面はクリアしているので
花の生命力にかけるしかありませんでした。

手術の2日前に15歳と5ヶ月になりました。


ずっと天気が悪いし六花の散歩もないので海に行ってなかったのですが
花が行くというので海散歩になりました。




これが最後になるかもなんて考えたり(^^;;

25日に手術。
その日は立て込んでいたのか手術終了の電話が遅くて遅くて
気持ち悪くてヨレヨレになっていた8時過ぎに電話があり
無事に終わって目も覚めたと聞いた時には力が抜けました。

六花の通院もあったので翌日面会。


元気でホッとしました。
この日は退院できず。


2人でエリカラってどうよ(^^;;


結局時間が合わず花は3泊して帰ってきました。

帰宅してすぐは足元がおぼつかなくて
デッキに上がるスロープを踏み外してしまい
2日ぐらいは一人でスロープを下りられなくなって
こりゃダメか?と半分覚悟しましたが
少ししたらたったか歩けるようになりました。
リハビリ散歩は大事だなと思いました。

六花より花の傷の方が順調です。
日に日に表情も歩きもしっかりして安心しています。

なんとか手術しないで済むように心を砕いてくださり
いざ手術となったら
年齢を怖がらず手術してくださった先生にただただ感謝です。

年齢が年齢なので
最悪な場合も覚悟していました。
寝たきりとかも。

私が花をどうしたいか
ではなくて
花はどうしたいか
を考えていました。
花は私の分身です。
もう私のイヌでなく
私。
私が花だったらと考えることにしました。
これから先も。
私は延命は嫌
多分花も同じ。

花を連れて帰れる幸せ


ウチに花がいる幸せ。



尻尾濡らさないように考えることのできる幸せ(笑)


かえってきてくれてありがとう。

次から次に

さて
相変わらずのサボり癖
パソコンはテレビとかしております。
旅行や山登りの事を書くための下書きを始めたのですが
まーキーボードを指が忘れてますよ(^^;;

花の経過も書かないといけないんだけど
その前に

六花もやってます。

19日に手術しました。
右前足の一番外側の指に腫瘍ができました。
あらーと思ったのは夏の事。
嫌な感じも大きくなる感じもないので様子見ていて
秋の健康診断の時に生検をしてもらって
ほぼ良性なので経過観察でいくことになった。
が、活動的な六花のこと
山登りから岩登りやらで傷ついたりして少しずつ大きくなり歩くだけで傷がつくようになり
取りましょうとなりました。

場所が厄介な場所で
体重がかかる場所であり
皮に余裕のない場所で傷がつきにくい。
でもとらないとどうにもこうにも。
走れないなんて考えられない。
まだ登りたいお山あるよ。

術前の指の状態。

ちょっとグロいよ(^^;;






ね、とらないわけいかない。

19日入院、手術
21日退院となりました。

先生はもう1日入院させるつもりだったらしい…

が、六花ってばハンストらしい(^^;;
ドタバタ暴れたらどうしようと心配してたけど
暴れないで拗ねまくり
いじけまくりご飯拒否(^^;;
意外。
ストレスためちゃうから帰ろうかーと退院となりました。


良かったねぇ


家に帰ってからのご飯はモリモリ食べてます。

出来るだけ安静。
エリザベスカラー必須。


シャイでゴールデンかしら?と思ったけど血管確保の管食いちぎってゴールデンだと思いましたと先生(笑)
針刺してケージに入れて10分もしないうちに食いちぎったらしい(^^;;
あっという間にやるからカラーはつけといてーと言われた。
ちゃんと見てる時なら外してよし!なのでトイレの時だけ外します。
最初に外した時ははめるの嫌がったけど慣れてくれてどーぞーと言うと自分から頭入れてくれます(*^^*)



外してヒマだとすぐに足に気がいくのでやっぱり危険。
我慢(笑)

散歩も無し。
でも毎日包帯交換に通っているので
往復3時間のドライブといろんなワンコさんに会える待合室が散歩代わりになっているようで気も紛れるみたいでよかった。


包帯可愛いでしょ。

毎日違うの巻いてくれます。
今はこれ

この中は指の間と大きい肉球と指の間に脱脂綿を挟んで傷につかないガーゼ当ててバンテージに包帯。

包帯交換の時に傷を見ましたが
肉球も2針くらい縫ってある。
特につきにくいとか。
他の場所な包帯も要らないから治りも早いのだろうけど
ここはしばらく包帯だね。
赤みと出血もあったりで昨日から消炎剤も飲んでいます。

六花に安静は無理かと思いましたが
意外とお利口さんで助かります。
ケージに入れておこうと思ってたのに
カラーつきじゃ入れても方向転換無理で使えないし(^^;;
オンオフの切り替え効く子でよかった。


今はカラーも体の一部(笑)


1日も早く走れるように頑張ります。


も一つ
毎日包帯交換といっても包帯が濡れたり病院行ったり外歩いたりのまま家の中も困るなーということでカバー作りました。


ベビー靴下とパンツゴム!(笑)
これ首に掛けると靴下脱げません。
退院してから雨の日が多くて通院で役に立ちました。
包帯の上にビニール袋履かせて靴下履かせてOK。


これは歩き専用。
家の中だとからまっちゃうので

これ



パンツゴム素晴らしい!
緩すぎずキツ過ぎず絶妙なホールド感(笑)
さすがだよー(笑)


そんなこんなの六花です。

花の尻尾は大人しくなりません。

それは別に書きます。

まずは花の記録から

呆れる
今年初の日記。
六花の誕生日もお山歩きも旅行も・・・
何から書こう
で、やっぱり花の経過から。
そしてさかのぼることにします。

11月から2週間ごとの通院をしていました。
行くたびに血液検査でリパーゼとBUN,クレアチニンの数値を調べていました。
薬を飲んで数値が下がったから薬やめたらまた上がって
消化酵素やめて薬飲み始めたらまた下がってと検査結果見ながら薬やめたり増やしたり
で、今現在カモスタットという膵炎のお薬だけ飲んでいくことになりました。

花は、いたって元気なのです。
吐くわけでなく、ウンウンもとても良い物をします。
食欲もあり数値さえ見なければ元気な15歳。
前にも書いたけどとことんはっきりさせる検査はもうできません。
で、わがまま飼い主
できれば美味しい生活のままいさせたい・・・わけです。
療法食にすればもっと安心でお薬飲まなくても大丈夫になるかもしれない。
でもね、花はもう食べることだけが楽しみだからそれを取り上げたくない。
長くお付き合いしていかなきゃいけない年齢だったら療法食にして
とことん原因探すんですけどね・・・

花は、どっちがいい?って聞いたら迷わず「おいしいごはん!」って言うと思う。

で、先生も飲み込んでくれて
それならお薬飲んでいきましょうってことになり。
2週間ごとの血液検査もなくなりましたーってなりそうだったんだけど
違うものが見つかりまして

というか前からあったしっぽの腫瘤が急に大きくなってやだなーって思ってたんだけど
先生たちもやだなーになり
エコーかけたら水のようだから抜きますと急きょね。。。



終わったと思って診察室でたらまた入って
バタバタ。
カップ一杯くらいの水
といっても血と膿が混ざったような物が取れました。
幸い化膿はしていないのだけど
また溜まるかもということで1月21日から2週間ごとから5日毎の通院になっています。
抗生物質と消炎剤を飲んでいます。







5日したらまた溜まっていてねまた抜きました。
その時には黄色っぽい色はなくなっていて体液に血が混じってる感じのもの。
量も少しは減ったけど抜かないといけない量。
これで治まってくれれば・・・

あ、六花も21日に診てもらったんです。
右前脚の外側の指にグリグリができて走ったり岩登ったりなんて遊んでると擦れちゃうときがあって
前に調べてもらったら良性なのでたまに経過みましょうだったのだけど
傷がついちゃったのでオマケの診療。
中からの傷でなくやっぱり外傷でもう治っているから大丈夫・・・なんだけど。
今後大きくなったりひどく傷つくことが多いようなら取るのだけど
場所が皮膚に余裕がない上に力がかかる場所なので
ちとやっかいかも・・・。
引き続き経過観察。

こんな細かくかけるのは
病院でもらったお薬手帳。
これ、人間用なんですね。
この前人間の病院で同じの使ってる人がいてびっくり。
今まで4つの動物病院にかかりましたがこれは初めてだわ。
お薬だけでなく
その日の体重と治療内容
使った薬と花が前回上皮腫が破けてケアするのに使ったガーゼ類まで記録してくれます。
細かい明細の領収証もくれるので照らし合わせるとよくわかってありがたいです。






やっと採血しなくてよくなったら今度は水抜きで針とお別れできないね。
前回は、終わったのがお昼だったのでパン屋さんでランチして花も美味しいパン食べました。
これで止まってくれればよかったんだけどね。



昨日
やっぱり抜くよなーくらいまで膨らんでしまったしっぽ連れて病院。
ちらっと手術なんで話もでたんだけど
そう・・・とれば治る物。
たぶん背中や首にできた物と同じのが中で破けてるんでしょうとのこと。
でもねぇ・・・
年が年なんで先生方も手術はねェ・・・だし
私も無理だよーだし
昨日は水抜いた後に直接抗生物質と消炎剤を入れたそうで
それで徐々に治まってくれーと皆の願い。
きっと抜くのは痛いんだろうけど優等生だからね。
腫れてるとそれはそれで痛みあるらしいし
このままおさめようねぇ・・・
病院終わった花。
ニコニコありがとね。


これさえなければほんとにのほほんシニアライフなんだけどね・・・


どうかどうか治まりますように・・・。。。

そんな花の記録。
さあ、ためてたもの徐々にさかのぼって書くぞ!

おー

あ、元気な花の動画も


海までは3日に1回くらいになったんですが1時間ばかりテクテク徘徊します。
散歩行く?ってハーネスやリードみせるとむくむく起きてきます。
まだまだ元気。
花がご機嫌でいられるように頑張る。

後ろのやつも元気です。

オマケの今朝の六花

最近こんなことして遊んでます。
 

<< | 2/85PAGES | >>